ライフスタイル 情報

皮下脂肪の落とし方は〇〇をするだけ?

こんにちは!
KsBASEのスギヤーメンです!

今日は皮下脂肪の落とし方について
トレーナー目線を踏まえて紹介していきます!

皮下脂肪

皮下脂肪とは?

まず皮下脂肪とはどんな物なのかについて
説明していきます!
皮下脂肪は『皮膚』と『筋肉』の間につく脂肪の事をいいます。
皮下脂肪は比較的下半身に付きやすく、
お尻」「太もも」に付きやすく洋梨体型と言われたりします。
また、摘むとプニプニしていてつまんでも痛くないのが特徴です!

皮下脂肪は女性がつきやすいのも特徴です。

皮下脂肪はなぜ付くのか?

人間の大原則として摂取カロリーが消費カロリーより多くなれば
オーバーした分は脂肪として蓄えられていきます。
これは内臓脂肪も同じですが、付く部位によって皮下脂肪になるか、
内臓脂肪になるか変わっていきます。

皮下脂肪が付くとどうなるのか?

内臓脂肪は付くと命の危険に晒されることがありますが、
皮下脂肪が直接的な原因で命に危険が起こることは少ないです。
しかし、皮下脂肪が増えると体重が増加し、
膝や腰などの関節に影響が出てしまいます。
内臓脂肪については『元おデブトレーナーが教える【内臓脂肪】の落とし方!』をご覧ください。

皮下脂肪にもメリットがある?

皮下脂肪も内臓脂肪同様メリットがあります。
それは、
・体温を保つこと
・衝撃から身を守ること
皮下脂肪があることで体温を正常に保ち
活動力を高めてくれます。
また、女性は妊娠、出産に備えて子宮を守る為に
皮下脂肪で衝撃を守ることができます。
なので女性は体質的に脂肪が付きやすくなっています。

ただ、メリットもある皮下脂肪ですが、付きすぎてしまうと
見た目も悪くなってしまいますので付きすぎは避けたいですよね!
それでは落とし方も見ていきましょう!

皮下脂肪の落とし方

皮下脂肪を落とす為にまず必要なことは
内臓脂肪同様に「食事を見直す事です!
あとは運動量を増やして基礎代謝をあげることが必要です!

人間の大原則
消費カロリー>摂取カロリー=痩せる
これを達成しなければなりません。

内臓脂肪の記事では食事の取り方で摂取カロリーについて説明したので、
ここでは消費カロリーについて紹介していきます。

消費カロリーをあげる方法

それは、『運動をする!』
これに限ります!

オススメの運動としては、やはり『筋トレですね!
筋トレをすることで筋肉が付き筋肉がつけば
基礎代謝をあげることができます。
基礎代謝が上がれば自然と痩せる体が作れるようになります。

まずは筋肉をしっかりとつけて燃焼する体を作りましょう!

しかし、皮下脂肪はなかなか落ちにくいので、
有酸素運動も必要になります。
時間をかけて落としていく必要があるので、
長時間できる有酸素運動も必要となります。
体型別の痩せ方については
「元おデブトレーナーが教える『有酸素運動』」で紹介しています。

内臓脂肪は付きやすく落としやすいですが、
皮下脂肪はつきにくく落ちにくいので
筋トレと有酸素運動をうまく組み合わせて
落としていく必要があります。

忍耐強く続けていくしかないですね!

まとめ

皮下脂肪は落としにくいので忍耐強く続けていく必要があります。
しかし、時間がかかってついたしまった脂肪を一気に落としても
リバウンドに繋がってしまうので時間をかけてゆっくりと落としていきましょう!
自分は皮下脂肪が多いのか?内臓脂肪が多いのか?
自分の体型を理解して体づくりをおこなっていきましょう!
そうすることで最短で理想の体を手に入れることができます!

KsBASEでは一生涯続けられる体作りの方法を教えています。
本質的な食事方法とトレーニングで理想の体を追求します!
KsBASEについてはこちら
https://ks-base.net/

コメント

タイトルとURLをコピーしました