タンパク質 フード

『鶏胸肉』と『ささみ』どちらが体づくりに効果的?

こんにちは!
KsBASEのスギヤーメンです!

今日は体づくりに欠かせない
タンパク質で胸肉とささみは
どちらが良いのかを解説していきます!

チキン

部位の違い

まずはささみと胸肉の部位の違いについて紹介していきます。

ささみは、小胸筋と言われる部分で、1羽から2本しか取れない
希少部位と言われています。
重さも1本あたり、100〜110g程度なので希少性が高い

胸肉は大胸筋と言われる部分で1枚あたり200〜300gの
重さがあり比較的低価格で購入する事ができます。

栄養素の違い

それでは、栄養素を比較してみましょう!

ささみ100gあたりの栄養素
・タンパク質:23g
・脂質:0.8g
・炭水化物:0g
・カロリー:105Kcal

ナイアシンやビタミンB、ビタミンKが多いのが特徴です!

胸肉(皮なし)100gの栄養素
・タンパク質:22.3g
・脂質:1.5g
・炭水化物:0g
・カロリー:108Kcal

ナイアシンやビタミンB、ビタミンKが多くパントテン酸も多いのが特徴ですね!

これはどちらをみても栄養素的には大きく差はないですね!
胸肉は皮なしで記載をしていますが、
体づくりをするとなると脂質が多い皮は取り除くのが好ましいですね!
皮を取るだけでカロリーは半減するので皮は取るようにしましょう!

値段の比較

次は価格をみていきましょう!

ささみ100gあたりの金額
・70〜100円

胸肉
・50〜90円

店舗や地域によっても変わってくると
思いますが、大体の相場はこれくらいと言われています。

ささみは希少部位なだけあって少し単価は高くなっていますね。
また、海外では、ささみが一番高くもも肉が安いという事も多いです!
さすが、タンパク質を大切にしているだけのことはありますね!

最終的にどっちが良いの?

これに関しては栄養素でみても値段でみても
どちらが優位というものはないので、
好みや用途で選べば良いと思います!

ささみも胸肉もどちらも味は淡白なので
色々な食材と組み合わせて食べれば美味しく食べれますよ

私はお肉を焼くのが好きなので胸肉を塊のまま焼いて
周りをしっかりと焼いて中はレアのようにして食べるようにしています!
新鮮な胸肉でないとお腹を壊す事もあるので調理する場合は
自己責任でお願いしますね!

チキン

こんな感じで中が薄くピンクになるぐらいに仕上げてます!
パサパサ感もなくお肉の旨味が全て詰まった状態で食べれるので
皆さんも是非試してみてください!

まとめ

胸肉もささみもどちらも体づくりにはとても良い食材です!
どちらが良いというのも特にないので用途に合わせたり、
お好みで選べれば良いかなと思います!

人間は食べたものによって作られます。
食べ物に感謝して良い体を作っていきましょう!

最終的には食べる物の質にも拘っていけると最高ですね!
ここまでくると食や体だけでなく
地球環境の事も考えることができますからね!
今ある地球を未来の子供たちに残すために
今できることを考えよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました