フード 情報 炭水化物

炭水化物の取り方を知れば簡単に体作りができちゃう?

こんにちは!
KsBASEのスギヤーメンです!

今日は1日に必要な炭水化物は
どれくらいなのかについて紹介していきます!

炭水化物の取り方をマスターして
楽しみながら体を作りましょう!

炭水化物

炭水化物とは?

まずは炭水化物について理解を深めていきましょう!
炭水化物とは、
「たんぱく質」「脂質」と並ぶ『3大栄養素』のひとつです。

また、炭水化物は「糖質」と「食物繊維」を合わせたもので、
糖質は体内でエネルギー源であり、
血糖値の維持に利用されます。
食物繊維は消化されないため、エネルギー源となりません。
よく糖質と炭水化物は別物と思われている方が多いですが、
炭水化物の中の糖質とイメージしておくといいですよ!

炭水化物はどれくらい取ればいいの?

では気になる炭水化物の量はどれくらい取れば良いのでしょうか?
炭水化物は、

体重×2〜3g

を目安に取るようにしましょう!
体重60kgの人であれば、120〜180gを取るイメージですね!

白米100gで炭水化物量は40gなので、
180gの炭水化物量となると400g食べても足りないぐらいですね!

炭水化物はエネルギー源なので活動量に合わせて取る必要がある為、
振り幅が大きくなっています!

トレーニングをする時は活動量が多くなるので
炭水化物は多めに取ってもエネルギーとして使われるので
体内に残りにくく脂肪になりにくくなりますよ!

炭水化物を取るタイミングは?

炭水化物は取るタイミングが非常に重要になっていきますよ!
先ほども書きましたが、炭水化物はエネルギー源なので、
1日の中で使い切るように取ってあげると脂肪になりにくくなりますよ!

理想的なタイミングとしては、

朝>昼>夜

という感じで徐々に少なくしていけるといいですよ!
朝はこれから仕事に行ったりしますよね?
昼もまだ活動的に動きます。
しかし、夜は寝るだけなので活動量としては
非常に低くなります!
なので夜はほぼ取らないぐらいがいいですよ!

あとはトレーニングの前は炭水化物を多く取りたい
タイミングですよ!
トレーニング前の摂取については「トレーニング前の食事はどうすれば良い?」をご覧ください。

まとめ

炭水化物は人間のエネルギー源なのでしっかりと
取って体を作っていきましょう!
最近は糖質制限がかなり流行していますが、
糖質制限は体への負担も多くなってしまうので
オススメできません。
糖質制限については「元おデブトレーナーが教える糖質制限の真実!?」をご覧ください。

日本人である以上はお米をしっかりと食べて
いい体作っていきましょう!
日本人の内臓はお米に適していると言われているぐらいなので
たくさんお米を食べて理想の体を最短で作っていきましょう!

炭水化物はダイエットの敵ではないですよ!

KsBASEでは糖質制限は一切なく本質的な食事とトレーニングで
理想の体を最短で目指していきます!
KsBASEについてはこちら
https://ks-base.net/

コメント

タイトルとURLをコピーしました